Share
Twitter Facebook Instagram
レンタサイクル
ホーム見る龍神洞
見る
羽尾エリア

龍神洞

羽尾岬の先端に二つの洞窟(どうくつ)があります。海に面した洞窟は龍神洞(りゅうじんどう)と呼ばれ、幅8m、高さ10m、奥行き150mで山陰海岸でも最大級の海食洞(かいしょくどう)です。
崖の中腹に口をあける丘龍神(おかりゅうじん)は内部で海龍神(うみりゅうじん)とつながり、ゴーと波の音が響いています。昭和2年に作家・島崎藤村は小舟で海龍神の中へ入り、夏でも冷たい空気や底知れぬ水の色に驚嘆しました。

近畿自然歩道(岩美町大羽尾地内)の通行止めについて

現在、近畿自然歩道(羽尾鼻:岩美町大羽尾地内)の龍神洞への降り口にて遊歩道の崩落が発生したため、当面の間通行止めとなっております。危険ですので立ち入らないようお願いします。

🐟お願い                               🌊美しい景観を守るため、ごみの持ち帰りにご協力をお願いします。

鳥取県では、2015年9月に国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進に向けて、関係団体と連携・協力して様々な取組を進めています。

SDGsの推進/とりネット/鳥取県公式サイト(tottori.lg.jp)

所在地
鳥取県岩美郡岩美町羽尾
前のスライドに戻る 前のスライドに戻る
次のスライドに進む 次のスライドに進む